MIRAYE

MIRAYE LIFE 4世代の3世帯

4世代の3世帯

祖母、ご両親、若夫婦、子どもの4世代が同居する住宅。

元々築38年の家に住んでいたご両親と、住宅を検討していた若夫婦が、リフォームやリノベーションではなく、新築として建て替え、同居することを決断し家づくりがスタートした。

その際の前提が「玄関とお風呂、トイレは完全に別」

ご両親
「同居する私たちの母の部屋にミニキッチンがあるように、親子であってもお互いの生活やリズムがありますからね。トイレ・お風呂や玄関を別にしたのは正解だったと思います。」

どのような家にしたいと考えていたのだろうか。

若夫婦
「僕が当初考えていたのは住宅性能でした。暖かい、涼しい、気密性などです。個人的にも調べて予習していました。ただ、ミライエのデザイン性が好きだったこと、ご提案されたプランが僕にとって斬新だったことに加えて、性能のお話も聞き、納得してトータル的にミライエにお願いしました。引き渡し時に気密測定をしましたが問題ない数値でした。」

1階部分にご両親の居住スペースと祖母の部屋。2階に若夫婦。世帯ごとに共有するスペースはないものの、室内で繋がりあっている構成だ。互いのプライバシーを守りながら、ほどよい距離感が快適な暮らしを支えているのかもしれない。

ご両親
「食べるところと寛ぐところは分けて欲しいとお願いしました」

キッチンカウンターとリビングを珪藻土のボードで仕切っている。和室は親戚が集まった時に活躍するそうだ。

若夫婦
「オープンな空間なので開放感があります。それと合理的に考えられていますよね。トイレは階段を上がったすぐのところにあるし、キッチンから洗濯・収納までの動線など、とても暮らしやすいです」

お気に入りの場所はどこですか?と若夫婦ご主人に聞くと、「全部が気に入っています。何よりも家族を感じられる空間となっていることですね。

copyright MIRAYE HOME Co. Ltd. All Rights Reserved.

PA
    ]GE TOP